事業領域

発電から消費に至るまで、電力流通プロセスすべての領域で事業を展開しています。

エナリスは「エネルギー情報業」を営んでいます。「エネルギー情報業」とは、電力が流通するプロセスにおいて偏在するエネルギー情報を管理、提供することで、これまでエネルギーを自由に取引できなかった電力の需要家が最適な電源や電力会社の選択を可能にする事業です。また、効率的なエネルギー利用を促進する各種サービスも提供しています。当社グループの事業は、新電力(PPS)向け業務代行及び需要家向けエネルギーマネジメントサービスからなる「エネルギーマネジメント事業」と、電源開発、電力卸取引を主たるサービスとする「パワーマーケティング事業」で構成されています。

事業領域

電源開発

再生可能エネルギーの電気設備の企画・設計・施工・建設や、発電事業の実施、その一連のコンサルティングを行いながら、環境にやさしい電源開発の推進を支援しています。

※自主電源を保有するための発電所の開発のみに注力する方針とし、新規の電源開発事業は当面の間は停止しています。

電力卸取引

太陽光・風力・バイオマス・小水力等の再生可能エネルギーや大型火力発電所から電力を調達し、新電力(PPS)や日本卸電力取引所、一般電気事業者へ販売する仲介及びトレーディング事業を行っています。

新電力(PPS)向け業務代行

当社の創業事業であり、新電力*(PPS)の設立支援、管理業務の代行等を行う事業です。需要家自らが新電力(PPS)となり、自社の施設等へ電力供給する需要家PPSや、地産地消エネルギー供給をお手伝いしています。

新電力支援サービス

*新電力(PPS、特定規模電気事業者)とは、電力会社(一般電気事業者)以外で、50kW以上の高圧電力を必要とする大口需要家に対し電気の小売供給を行う事業者をいいます。

エネルギーマネジメント

エネルギーエージェントサービスによって、電力の需要家に代わって当社がエネルギーを選択することができます。それにより調達改善、運用改善、設備改善につなげることで、さらにエネルギーを効率的に使用できます。

エネルギーエージェントサービス / HEMS概要 / MEMS概要