1. トップ
  2. 採用情報
  3. 社員インタビュー
  4. 社員インタビューVOL.4
J.Sさん

INTERVIEW VOL.4

仲間も、取引先も、

気持ち良く仕事ができる

ルールをつくりたい。

J.Sさん経営管理本部 法務・内部統制部
勤続年数:2年2ヶ月

(2017年10月取材時現在)

エナリスのリスクを軽減する。
双方に最適なルールを整備する。

法的な側面からエナリスの活動を支えるのが、私の所属する法務・内部統制部の役割です。私の仕事は、社内の法務相談、係争案件の解決、知的財産の維持管理など多岐にわたりますが、今は、新規顧客も増えているので、契約書に関する仕事が多いですね。
エナリスのお客様は法人であり、電気は企業活動の基本です。当然、契約時にはあらゆる事態を想定した契約書の作成が求められます。その契約書が法的に問題ないか確認すること、そして新しいサービスが生まれた際には、双方にとって目的に適した契約書を作り出すのが、私の役目です。取引は相手があってのものです。エナリスにはエナリスの目的がありますが、同様にお客様にもお客様の目的があります。それをきちんと契約書に盛り込みつつ、エナリスのリスクを未然に軽減することを心がけています。

エナリスのリスクを軽減する。双方に最適なルールを整備する。

変化し続ける環境で
自分を成長させたかった。

私は2015年に入社したのですが、前職は小売業界で法務を担当していました。エナリスとはまったくの畑違いの業界で、関係する法律も当然違います。でも、何よりも違うのが変化の大きさでしたね。私がいた会社は、洋服やアクセサリー、雑貨等を販売するアパレル関連業。時代の流れに敏感な世界ですが、商品を企画・開発して販売するという商流自体は変わりません。これまでとは全く違う業界・ビジネスに身をおくことにより、業務の幅を広げたいと思っていたときに、エナリスとご縁ができたんです。
入社してみると、想像以上にチャレンジングな社風に驚きましたね。常に何かしらのプロジェクトが動き、新しいビジネスの種が生まれている。法的な対応が必要となることも多く、とても充実した毎日を過ごしています。

変化し続ける環境で自分を成長させたかった。

みんなが働きやすい
業務手続の合理化・効率化を進める。

我々の部署は、会社の業務が法律や規則等に従って行われるようにチェックする、いわゆる「守り」の部署です。したがって、様々な社内手続きを厳格に運用していくことが求められます。当然これは必要なことなのですが、目的を踏まえた上で社内手続きを整備しないと、「手続きのための手続き」になってしまい、会社全体の業務負荷が増大してしまいます。
これから力を入れたいのは、業務手続の合理化・効率化です。例えば、これまでは紙ベースで行われていた捺印申請をシステム化したり、契約書の電子管理などを進めていきたいと考えています。今はまだ、ちいさな積み重ねですが、みんなが業務しやすい環境を整備するのも、私たちの大事な仕事だと思っています。

みんなが働きやすい業務手続の合理化・効率化を進める。

MESSAGE

志望者へのメッセージ

法務の仕事は、固定的で変化の少ない仕事に思われるかもしれません。でも、エナリスの法務の仕事は想像以上に幅広く流動的です。何しろ電力業界そのものが変化している真っ最中ですから。そんな業界環境の中、自由な社風と変わることを恐れないベンチャー気質を持ったエナリスにおいて法務の一員として働くことは、必ず自分の成長につながると思いますし、やりがいも感じられると思います。

メッセージ

募集職種

現在、エナリスでは下記の職種を募集しております。

RECRUIT 採用情報