エナリスブログ

エナリスブログ

2022年度入社式で社長メッセージ「エネルギープラットフォームで地球環境課題の解決へ」

2022年04月26日

エナリスは4月1日、東京オフィスで入社式を行いました。エナリスが新卒採用を開始してから早4年目。4期生となる8名の新卒社員が、新たにエナリスの仲間に加わりました。

入社式で都築実宏社長は、「エネルギープラットフォーム」「関係性・連鎖」「信頼・信用」というキーワードに、想いと期待を込めてメッセージを送りました。

エナリス新卒4期生
▲2022年度新卒社員の8名(エナリス新卒4期生)。式典は、オンラインで先輩社員も参加。
都築実宏社長
▲メッセージを話す都築実宏社長
新入社員
▲真剣に話に耳を傾ける新入社員

■ 都築実宏社長メッセージ(一部省略)

入社おめでとうございます!

今日こうして皆さんと一緒に社会人としての門出を祝うことを待ち望んでいました。とにかく元気な姿を見て、安心しました。世界情勢は不安定な状況です。報道で悲惨な状況をみると心が痛みます。人の命は尊いものです。惨事が早く終わってほしいと願います。

エネルギー業界も本当に厳しい状況になってきています。だからこそ、次のステージに進まないといけないと感じています。エナリスは昨年、長期ビジョンを完成させました。いよいよ具体的に活動していきます。

まずは、カーボンニュートラルに向けた再エネ主力電源化をしっかりと進めていきたいと思っています。

企業や業界がGX(グリーントランスフォーメーション)、つまり温室効果ガスを出さないエネルギーに転換していくことに取り組んでいます。エナリスもエネルギープラットフォーム事業者としての役割を担うことで、貢献していきます。

エナリスには「当たり前を変革する」という企業理念があり、その先には「人とエネルギーの新しい関係を創造し、豊かな未来社会を実現する」という企業ビジョンの実現があります。

2021年2月にサステナビリティ推進に関する4つのマテリアリティを発表しました。今年3月には、この4つのマテリアリティに基づく2022年度の具体的な取り組みを発表しています。

仕事をする中では、念頭においてほしいことが二つあります。

一つは、「関係性・連鎖に思いを巡らせること」です。自身の仕事が、仲間や会社、社会にどう役立っているのか、その先の世界規模の課題解決への貢献にどうつながっているのか、を考えてほしいと思います。

「経営視点をもつこと」にもつながりますし、仕事に対する思いや意識、取り組み方も変わってくると思います。モチベーションにもなると思います。

エナリスは今、地球環境課題の解決につながる取り組みにチャレンジしようとしています。微力ながら貢献できると思っています。どんな仕事がどんなふうに地球環境課題の解決につながっていくのか、その関係性や連鎖に思いを巡らせながら仕事に取り組んでいただきたいと思います。

会社も、皆さんにそういう思いを持って仕事に励んでいただけるよう情報発信していきたいと思っています。環境に関することもそうですし、経営状況についても包み隠さず発信していきたい。ガラス張りの経営を実践します。

もう一つ念頭に置いてほしいことは、「信用・信頼」です。これは活動の原点となりますし、これがないと物事は進みません。仲間とよく話をして、相互理解を深めることが大事です。

4期生の8名は、一緒に社会人としての一歩を踏み出しました。大事な仲間で、一生の宝物になるはずです。よく話をして、苦労を分かち合い、お互いの成長を認め合う。そんな仲間になってほしいと思います。成長していく姿を楽しみにしています。

 写真はすべて©ENERES

※入社式中は、換気、社会的距離の確保などの感染対策を行いました。撮影時のみ、マスクを外しました。

SDGs4

取材 エナリス広報部