1. トップ
  2. ニュース
  3. 当社セミナーをアーカイブ配信「脱炭素社会に向けて今、始められるVPPビジネス」

当社セミナーをアーカイブ配信「脱炭素社会に向けて今、始められるVPPビジネス」

株式会社エナリス

当社は、8月26日にガス・エネルギー事業者を対象に行ったオンラインセミナー「脱炭素社会に向けて今、始められるVPPビジネス」を、9月9日までアーカイブ配信いたします。期間中は何度でも視聴可能です。
視聴にあたっては、ガスエネルギー新聞の専用申込フォームより9月3日までにお申し込みください(https://forms.gle/5ot5cT8hQfstKaqV8※1

セミナーの中では、当社は、需要側リソースの制御により脱炭素社会に向けて貢献できるビジネスモデルについて説明し、VPP※2サービスの取り組みや導入方法についてご紹介。また、当社のVPPサービスのデジタル技術基盤を開発しているAutoGrid Systems, Inc.が、分散電源やVPPを支えるデジタルテクノロジーの最新情報について講演し、ご好評いただきました。

アーカイブ配信期間 ~2021年9月9日(木)15時まで配信
※期間中は何度でも視聴可能
申し込み※1 以下の申込フォームより事前にお申し込みください。
https://forms.gle/5ot5cT8hQfstKaqV8【申込締切:9月3日15時】―お申込み受け付け次第、視聴用URLをガスエネルギー新聞より電子メールでお届します

―セキュリティーの関係で入力できない場合は、①会社・媒体名 ②所属・お役職 ③参加者氏名 ④メールアドレスの4点を、pr@eneres.co.jp  までお送り下さい

参加費 無料
対象 全国ガス事業・エネルギー事業の経営者、経営幹部、経営/営業/事業/技術などの各種企画担当者
プログラム 講演1、「コジェネ等を活用した分散型エネルギーの可能性と活用法」
株式会社エナリス ERAB営業部 ディレクター 水口勝博
講演2、「分散電源やVPPを支えるデジタルテクノロジー」(仮)
AutoGrid Systems, Inc. シニアプログラムマネージャ 鎌田智之氏
講演ポイント ・脱炭素社会に向けたエネルギー新市場(容量市場と需給調整市場など)と再エネ主力電源化・電力の安定供給への貢献
・DRに資する需要側リソースの種類と分散型電源制御を用いたビジネスモデル
・VPPサービスの始め方と未来像
・分散電源やVPPを支えるデジタル技術とその動向

※1:共催企業(当社/AutoGrid Systems, Inc.)競合サービス取り扱い企業様の申込についてはお断りする場合があります。あらかじめご了承ください。

※2:VPP(バーチャルパワープラント): 各地に点在する小規模な再エネ発電や蓄電池、燃料電池等の設備と、電力の需要を管理しネットワーク・システムをまとめて〈一つの発電所のように〉制御すること

<参考>

https://www.eneres.co.jp/news/release/20210817_02.html

ニュースTOPに戻る

分散型エネルギー社会に向けたエナリスの挑戦

CONCEPT MOVIE

分散型エネルギー社会に向けた
エナリスの挑戦