1. トップ
  2. ニュース
  3. 平成23年度 エネルギー管理システム導入促進事業(BEMS導入事業)

平成23年度 エネルギー管理システム導入促進事業(BEMS導入事業)

平成25年9月13日をもって新規のお申し込みは終了とさせていただきました。
既にお申込みいただいているお客様においては事業確定まで責任をもってお請けいたします。

本事業の概要について

本事業は、経済産業省資源エネルギー庁の委託先である、一般社団法人環境共創イニシアチブ(以下、SII)が交付する「平成23年度エネルギー管理システム導入促進事業補助金(BEMS)」を用いてエネルギー管理システムを広く普及させ、電力需給の逼迫を避けることが目的です。

補助対象となる事業者

    原則、契約電力が50kW~500kWであり※、以下の条件を満たすこと。

  • 1. BEMSアグリゲータ(エナリス)との間で、1年以上のエネルギー管理支援サービス契約が締結されていること。
  • 2. 補助金の申請及び交付に関する手続、エネルギー管理支援サービス開始後1年間の電力消費の実績報告を含む国への情報提供など、SIIの定める手続がBEMSアグリゲータを通じて行われることについて同意していること。
  • ※ただし、効果が見込まれる場合は、500kw以上~1000kw未満の電力需要家や、テナントなど電力契約を行っていない電力需要家の場合でも対象となることがあります。

補助対象となる事業

  • 1. 日本国内において実施される事業であること。
  • 2. BEMSアグリゲータ(エナリス)が提供し、かつSIIに登録されたBEMSを建築物に導入するものであること。

補助金交付までの流れ

補助金交付までの流れ

弊社の事業概要について

事業目標

FALCONSYSTEMはユーザー目線の価格だけでなく、新電力向けサービスで培ったノウハウにより考案された成長型サービス対応機能を備えており、エネルギー使用の効率化及び電力需要の抑制などを無理なく行うことが可能です。
当システムの導入促進により、電力需要ひっ迫による大規模停電などの事故を未然に防ぐ体制を整えると共に、これを核として中長期的な「デマンドレスポンス」への拡張を目指します。

サービス内容

FALCONSYSTEMとは、クラウドを通して常に最新の機能やサービスをお届けする、電力マネジメントシステムです。
主な機能として下記のサービスをご提供しています。

  • ・ 拠点ごとの電力使用状況の把握
  • ・ 電力使用量のグループ管理
  • ・ 電力使用予測による自動制御&アラート
  • ・ 最新サービスへの常時アップデート

コンソーシアムにおける各社の役割

  • ・ 株式会社エナリス:コンソーシアムの幹事社であり、本事業における全責任を負うもの。
  • ・ 株式会社ザイマックスビルマネジメント:営業と工事にかかわる支援業務を行うもの。

サービスの開始時期

2012年4月より受付開始です。
お申込みいただき、工事・設定が完了次第、すぐにご利用いただくことが可能です。

サービス提供エリア

日本国内

お問い合わせ先

FALCON SYSTEM お客様窓口
03-5284-9813
9:00~20:00(土日・祝日を除く)

FALCON SYSTEM お問い合わせフォーム:https://www.eneres.co.jp/contact/index.html

FALCON SYSTEM 関連ホームページ:https://www.eneres.co.jp/service/falcon.html

その他

関連リンク

BEMSについて

一般社団法人 環境共創イニシアチブ:http://SII.or.jp/energy_system_bems/?archives=5

セキュリティーポリシー

株式会社エナリス 情報セキュリティポリシー:https://www.eneres.co.jp/agreement/index.html

ニュースTOPに戻る

分散型エネルギー社会に向けたエナリスの挑戦

CONCEPT MOVIE

分散型エネルギー社会に向けた
エナリスの挑戦