1. トップ
  2. ニュース
  3. 九州電力との需給逼迫時における負荷調整に関する委託契約締結について

九州電力との需給逼迫時における負荷調整に関する委託契約締結について

 株式会社エナリス(本社:東京都足立区 社長:池田元英)は九州電力株式会社(本店:福岡県福岡市中央区 社長:瓜生道明)と、需給逼迫時における負荷調整に関する委託業務について、委託契約を締結致しました。

■本事業の概要について

 夏期の電力逼迫時、九州電力から電力調整依頼があった際に九州電力管内の契約電力が500kW未満の高圧小口の需要家を対象として、最も需給が逼迫する時間の負荷調整の実施をお客さまに依頼し、負荷調整状況を監視いたします。

■本事業に生かされるエナリスの特徴

 エナリスの特徴と致しまして、お客様目線の価格で弊社のスマートメーターでFALCON SYSTEMをご提供できると同時にオープンなシステムにより計測・制御機器のメーカーを選ばず本サービスを利用することが可能です。
また電力取引のノウハウや電力需要予測機能を活用した最適な節電コンサルティングサービスをお客様に提供致します。

<関連URL>

<報道機関お問い合わせ先>

株式会社エナリス 広報 [担当:長尾、小野澤]
〒120-0034 東京都足立区千住1-4-1 東京芸術センター
電話: 03-6657-5453

<事業に関するお問い合わせ先>

DR 運営事務局 [担当:中島、西井]
(住所・電話番号は上記に同じ)

以上

ニュースTOPに戻る

分散型エネルギー社会に向けたエナリスの挑戦

CONCEPT MOVIE

分散型エネルギー社会に向けた
エナリスの挑戦