1. トップ
  2. ニュース
  3. 経済産業省「需要家側エネルギーリソースを活用した バーチャルパワープラント構築実証事業」に参画

経済産業省「需要家側エネルギーリソースを活用した バーチャルパワープラント構築実証事業」に参画

~ 多様なリソースを活用した、長時間かつ安定的な制御を検証 ~

株式会社エナリス
KDDI株式会社

エナリス、KDDIは2019年5月30日、経済産業省が実施する「平成31年度 需要家側エネルギーリソースを活用したバーチャルパワープラント(注1)構築実証事業費補助金/VPPアグリゲーター事業」(補助事業者:一般財団法人環境共創イニシアチブ)(以下 本実証事業)に採択されたことをお知らせします。

本実証事業では、太陽光発電や蓄電池などの分散したエネルギーリソースを効率的に管理・制御し供給力・調整力として活用するバーチャルパワープラントの構築を行うほか、2021年開設予定の需給調整市場(注2)への参加も視野に入れ、周波数調整制御をはじめとした市場の技術要件を満たす制御の確立とエネルギーリソースの種類・数量の拡大を目指します。

実施体制図

実施体制図

エナリス、KDDIは、2016年度から経済産業省が実施している「バーチャルパワープラント構築実証事業」に共同で参画してきました。昨年度に引き続き、京セラ株式会社、株式会社グリムスソーラー、戸田建設株式会社と連携するとともに、今年度から新たに、中国電力株式会社、東邦ガス株式会社、株式会社ナンワエナジー、株式会社スマートテック、三菱重工エンジン&ターボチャージャ株式会社と連携し実証を進めていきます。

エナリス、KDDIは、本実証事業を通じて将来のエネルギー社会の高度化に貢献していきます。

詳細はこちらをご参照ください。

  • 注1)高度なエネルギーマネジメント技術により、電カ網上に散在する再生可能エネルギー発電設備、蓄電池などの蓄エネルギー設備、およびディマンドリスポンスなど、お客さま宅のエネルギーリソースを統合的に制御することで、あたかも一つの発電所のような機能を仮想的に構成したもの。
  • 注2)送配電事業者が、周波数調整や需給バランス調整を行うために必要となる電気(調整力)を取引する市場。

ニュースTOPに戻る

分散型エネルギー社会に向けたエナリスの挑戦

CONCEPT MOVIE

分散型エネルギー社会に向けた
エナリスの挑戦